中島省三の湖畔通信

キアゲハとアザミ

2021/04/20

毎日の散歩で通る琵琶湖疏水の堰堤にはアザミの花が咲いている、僕は桜よりもアザミの花が好きだ。昨日もデジイチ(一眼レフカメラ)で撮ったが花だけではと掲載を止めた。今日はコンデジ(コンパクトデジカメ)でアザミを撮っていると少し近くでキアゲハが飛んでいるのに気づいた。花に留まってくれればと、蝶の方へ近づいた。暫くすると願いが通じたのか上手く花に留まってくれた。大きなカメラと違い鉄格子の間から簡単にアングルが决められ自由に撮れた。チャンスに恵まれたと感謝しながらデジカメのモニターで確認すると見事にキアゲハとアザミが映っていた。久しぶりの俄昆虫写真家になった気分だ。昆虫写真と言えば知人でもある今森光彦さんの写真集世界昆虫記を思い出した。写真は素晴らしく昆虫の世界の楽しさが感じられる写真集だ。中でも蛾や蝶の飛行姿勢を撮った写真は飛ぶことの好きな僕は目が離せなかった。昆虫の飛行術は高度なテクニックを駆使しても人間の作った飛行機やドローンらでも適わないと何時も感心しながら彼らの巧みな、飛行術に見惚れるしかないと、今日もキアゲハの飛翔に魅せられた。

爽やかなシーズン

2021/04/19

爽やかなシーズン到来で気分も晴れやかに行きたいが今年もコロナ禍で冴えない日常だ。散歩で歩く三井寺を訪れる人も少なく境内は小鳥達の鳴き声だけが季節の到来を告げていた。湖岸ポタリングで走る湖岸も平日は人も少なく楽に走れた。湖岸は稚鮎を釣る地元の人の姿も多く、普段通りの湖畔風景だ。コロナ禍の現実がが嘘の様に思えてきた。湖岸の公園もハナミズキやツツジの花が咲き誇り人間界の憂鬱な暮らしとは関係ない自然界は何時も通りと眺めていると少し気分が明るくなった。

トップニュースは何時も

2021/04/18

午後七時、テレビのスィッチを入れるとトップニュースはコロナだった。日曜日でも大阪では千二百人を超えたのは始めてだと伝えていた。お天気がイマイチで湖岸の人出も少なく、浜大津港も休日なのに静な佇まいだ、釣り客も寒さと時雨の所為で足早に引き上げていた。大津の商店街も休日で人影もないシャッター通りは寂しさが増していた。五月は、お祭りのシーズンだが中止する町内も多く二年続きの静なゴールデンウイークになりそうだ。今日は、迫力があるのは天候だけだ。時雨や風も強く寒さも感じた。自然界は照る日、曇る日も楽しませてくれるとデジカメで琵琶湖を撮った。 

ユウチューブで方丈記?

2021/04/17

僕は方丈記を読んだ事がないので詳しい内容は知らないが、昨夜タブレットでユウチューブを検索していると、方丈記のタイトルが目に入り、クリックした。方丈記は現代語訳(佐藤春夫)の朗読だった。語りが良かったのか、引き込まれてしまった。今から800年も昔の災害物語は今の時代に置き換えても人の行動や考えは然程に変化していないのではと思いながら聞いた。12世紀後半に京の都を襲った5つの災害、大火、竜巻、遷都、飢饉、地震らの被害状況が見事に描かれた災害文学の凄さに驚いた。そして科学が進んだ現代なら記録映像として残せるとおもうが、でも新しい記録装置はフイルムで百五十年の歴史があるぐらいで、今流行りのデジタル記録が何百年と後の世まで残せることは無いとおもった。其れに比べ、克明に被害状況を文章で2021年の今まで伝える紙の記録、作者鴨長明,自身の考えや生き方までも表現した『方丈記』は凄いとおもった。そして作者鴨長明は究極のミニマリストであり哲学者だとおもった。そして現代語訳の方丈記をコロナ禍の今、是非僕も読みたいとおもった。

生きるのをやめたい国?

2021/04/16

生きるのをやめたい国、は数日前の朝日新聞(4月13日)のオピニオン&フォーラムの紙面のタイトルだ。インタビューに答えるのはNPO法人自殺対策支援センターライフリング代表の清水 康之さんの記事を読んだ。新型コロナの影響で自殺者が11年ぶり増、追い込まれた女性、コロナが引き金に、の大きな字で書かれた見出しに吸い込まれた。自殺者が三万人から二万人まで減少傾向にあったがコロナの影響で上昇傾向になった。中でも女性が増えたのは非正規労働者の割合の多さ、そして家庭内DV、育児や介護らの負担らによる事情らを語っていた。低い自己肯定感、希望知らぬ若者、私たちの問題、として現代日本社会の歪を語っていた。僕が印象に残ったのは、若者のモチベーションの低さ=促進要因の弱さです。「死にたい」というよりも「生きるのをやめたい」という子が多い、は何となく我が国の事情が感じられた。自殺者が減ったと言っても二万人もいるのに驚いた。コロナに感染して死んだ人の数は今日までで九千五百六人で自殺者の数より少いと知って此の国の闇の深さに気づいた。希望のない国の実情を知ると本当に生きたくない国だと思うようになった。

TOPページ前ページ次ページ

-Topics Board-Skin by Web Studio Ciel- 管理

× 閉じる